不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)トップ > SUUMO住活マニュアル > 注文住宅・土地探し編

住活のやること・ダンドリをチェックしよう

SUUMO住活マニュアル

SUUMO住活マニュアル

1ダンドリを把握しよう

家を建てようと思い立っても、なにから始めればよいのか分からないという人も多いだろう。ここではまず予算を決めて建てたい家のイメージを固めてから、建築会社に工事を依頼し、入居するまでのダンドリを把握しよう。すべてにかかる期間は工法や依頼先によっても異なるが、おおむね1年前後が一般的だ。

2建てる土地を決めよう

家を建てるには土地が必要だ。土地を持っていないのであれば、まずは土地探しから始めなければならない。土地によって建てられる家が影響を受けることも多いので、どんな家を建てたいのかイメージしながら探す必要がある。めぼしい土地が決まっても、法規制や地盤の状態など、調べるべきことは少なくない。

3資金計画を立てよう

家を建てようと思い立ったら、まず考えたいのがお金のこと。家計に無理の無い「新築予算」はどのくらいか、現在の貯蓄と住居費をもとに計算する方法をアドバイス。また、「家を建てるときには、いつ、どんな費用がかかるのか?」土地を買って家を建てる場合と、手持ちの土地に家を建てる場合の「手続きと費用」について解説しよう。

4建てる家のイメージを固めよう

どんな家を建てたいのか、イメージを膨らませるときが、最も楽しい時間の一つかもしれない。家族で希望を話し合い、イメージを形にしていこう。もちろん、予算との兼ね合いなどの制約とも向き合う必要がある。設備や部材など、細かい部分に関する情報収集なども早めにスタートさせておきたい。

5依頼先を決めよう

建てる家のイメージが固まったら、実際に建ててもらう依頼先を決めよう。依頼先にもいくつか種類があるので、それぞれの特徴を理解し、モデルハウスや実際に建てた家を見学して決めたい。数社に絞れたら、ラフプランや概算見積もり、保証体制なども見比べながら最終的に一つの依頼先を選び出すことになる。

6建物のプランを練ろう

建物の間取りを具体的に考えていく段階になったら、まず建物の工法による違いを理解しよう。工法によってプランに制約が出るケースもあるからだ。また平面図や立面図など、図面の種類やそこからチェックできることなども知っておくと役に立つ。

7工事請負契約を結ぼう

建物のプランが決まり、工事を始める段階になると、まず工事請負契約を結ぶことになる。その際には契約書のほかにいくつかの書類が交付されるので、確認が必要だ。契約すると後戻りが難しくなるので、疑問を残さないよう細かくチェックしよう。

8住宅ローンを選ぶ

「住宅ローンは金利が低いほうがオトク」と考えがち。しかし、金利が低いローンは、返済中に金利や返済額が上がる可能性がある。また、家の建築は購入に比べてお金の支払いタイミングが多いため、借りたお金の支払い(融資実行)時期がいつなのかも、住宅ローン選びのポイントのひとつ。ここでは、金利タイプやローンの種類などを見極め、自分に合った住宅ローンを選ぶポイントをアドバイスしよう。

9工事前・建築(建設)中のポイント

工事が始まると、あとは完成を待つばかりだが、建築(建設)中もすることはある。近隣にあいさつ回りをしたり、地鎮祭や上棟式などの儀式をしたりするのだ。建築(建設)中にはときどき現場を見に行き、進捗の確認や職人とコミュニケーションをとることも重要になる。

10完成から入居までにすること

建物が完成したら、引き渡しを受けていよいよ入居だ。だが、完成から入居までにはまだすることがある。建物の仕上がりを最終的にチェックし、鍵の引き渡しの際に保証書を受け取る必要があるのだ。引越し前後の各種手続きや、税金の申告なども忘れないようにしよう。

11税金や各種制度について知ろう

土地を購入したり、家を建てるときや建てた後にも税金がかかる。土地代や建物の建築費用だけでなく、税金についても理解して、用意しておかなければならない。建てた後で困らないようにちゃんと知っておこう。