注文住宅を建てた人に聞いてみた。完成までの楽しかったこと、大変だったことは?

注文住宅を建てた人に聞いてみた。完成までの楽しかったこと、大変だったことは?

思い描いた家を形にするには注文住宅がぴったり。でも、間取りや設備をゼロから決めたり選んだりするのは大変そうだな……と思う人もいるはず。そこで、注文住宅を建てた先輩たちにアンケート。どんなことが楽しかったのか、大変だったのかを聞いてみた。

Question1 注文住宅を建てて良かったですか。あなたのお気持ちとしてあてはまるものをお選びください。

建てて「大変良かった」「良かった」と思っている人が92%

時間も手間もかかる注文住宅。「ちゃんとできるだろうか」「大変すぎて嫌な思い出になったらどうしよう」と不安に感じる人もいるだろう。そこで、家を建てた先輩たちに「注文住宅を建てて良かったですか?」という質問をしてみた。すると、「大変良かった」と答えた人が過半数の52.7%、「良かった」と答えた人が39.3%という結果に。なんと、92%もの人が注文住宅を建てたことを「良かった」と感じているのだ。

「大変良かった」と感じる理由で多かったのは、まさに「自由度の高さ」。こだわりを叶えられる点が一番の理由のようだ。

注文住宅を建てて良かったこと

建てて「大変良かった」「良かった」と思っている人が92%

    • 「自由に設計できた」(大阪府・46歳・女性)
    • 「自分の好きなように間取りができた」(高知県・36歳・男性)
    • 「外壁・壁紙など自由に選択できた。統一をとるのは大変だったが良い経験だった」(埼玉県・42歳・男性)
    • 「個人的な好みの家を予算に合わせてつくれた」(東京都・48歳・男性)

など、こだわりを叶えられる自由さが1番の理由のようだ。
そして、

    • 「完璧でなくても満足感が高い」(茨城県・36歳・男性)

というコメントのように、自分の希望を形にできることが、家づくりの満足度を高め、注文住宅を建てて「大変良かった」「良かった」と感じる結果につながっているのがわかる。

注文住宅を建てて良かったこと

プランを考えたり、将来をイメージしたりetc.楽しさはいろいろ

「注文住宅を建てる過程で楽しかったことは?」という質問には、さまざまなコメントが寄せられた。

楽しかったこと

    • 「たくさんのモデルルームを見学して、自分たちの希望を具体的に考えること。打ち合わせで設計士さんと話し合ったこと」(愛知県・31歳・女性)

のほか、多かったのは、

    • 「間取りの作成」(愛知県・42歳・男性)
    • 「材料選び」(兵庫県・53歳・男性)

など、ゼロから家をつくっていくためにプランを決めたり、壁の素材や色、設備などを選んでいく過程が楽しかったというコメントだ。
また、

    • 「キッチンやお風呂が好きなように決められること」(山口県・49歳・女性)

という意見は女性に多く、そのために

    • 「カタログで選んでいくこと」(岡山県・46歳・女性)
    • 「さまざまなショールームを回ること」(石川県・32歳・女性)

などもワクワクする体験であったことがコメントから伝わってくる。

    • 「間取り、仕様をはじめ細かなところまで希望を言えた」(兵庫県・56歳・男性)

なども、注文住宅ならではの楽しさだ。
ほかに、

    • 「家族で間取りや設備を話し合ったりいろいろ見学して決めたこと」(茨城県・36歳・男性)
    • 「妻と一緒に作業ができること」(大阪府・40歳・男性)

など、家族や夫婦で話し合う機会が増えることも楽しみのひとつのようだ。
さらに、暮らし心地や、自分や家族の将来をイメージすることを楽しんだ人も多い。

    • 「新生活を想像しながら間取りを考えた」(香川県・35歳・女性)」
    • 「子どもの成長や家族の暮らしを想像して、こんな風になったらなと考えながら、それに最適な空間づくりができた」(愛媛県・33歳・男性)

と、心をおどらせながら取り組んだ人も多そうだ。
そのほか、

    • 「自分たちで伐採した木が住宅の木材として使われた」(栃木県・52歳・男性)
    • 「上棟式を行う棟上げは楽しい」(福井県・43歳・男性)

など、注文住宅ならではの体験をできた人も多かった。

注文住宅を建てる過程で楽しかったことは?

予算との戦いなど、大変なことを乗り越えてマイホームが完成

忙しい中での家づくりは時間的にも大変。また、はじめての体験で戸惑うことも多い、というコメントがある中、努力で大変さを乗り越えた人も。

大変だったこと

    • 「期日までに決め事がたくさんあり、仕事との両立が大変だった」(埼玉県・61歳・男性)
    • 「いろいろな書類や資料の説明や内容を理解していくのが難しい」(沖縄県・42歳・男性)

といったコメントがあるなか、

    • 「知識の習得のため、30冊は本を読んだ」(千葉県・55歳・男性)

という努力で大変さを乗り越えた人もいた。

    • 「理想と予算のギャップ」(山口県・49歳・女性)

も、多くの人の悩み。

    • 「間取りは自分の希望通りになったけれど、部屋の大きさまでは思い通りにいかなかった」(愛媛県・43歳・女性)

など、妥協点を見つけることも必要なようだ。
そのほか、

    • 「使いやすい間取りを建築制限の中で考えること」(東京都・45歳・女性)
    • 「壁紙や家の外装色などの色を決めるのがバランスよく見せるために大変だった」(鹿児島県・44歳・女性)

など、大変な中にも楽しさが感じられるコメントも多く、さまざまなことを乗り越えたことで、多くの先輩たちは「注文住宅を建てて良かった」と実感しているのかも。

自分や家族のライフスタイルに合った住空間をつくることができる注文住宅。先輩たちの多くも、家づくりの過程を楽しみ、建てて良かったと感じている。理想の家を実現するために、まずは、モデルハウスなどで情報を集め、住みたい家をイメージすることから始めてみよう。

構成・文/田方みき  イラスト/つぼいひろき

2016年9月12日

関連記事はこちら

建てたいエリアから注文住宅会社を探す

ページトップへ戻る